ワード初級-表の挿入・編集・選択範囲

表の線スタイル ワード

ワードで表を挿入して編集しよう

ワードの表とは、行・列・セル区分され選択範囲を指定してあげることによって挿入だけでなく編集も可能になります。

まずは、表を作成していくことがから始めましょう。

リボンからの表の作成方法

表の挿入

①「挿入」タブを開き、「表の追加」をクリックする。

②作成したい行と列をドラッグする(ドラッグすると図のように赤くなる」

③赤い枠の中どこでもよいのでクリックすると、カーソルのある場所に挿入される。

①挿入されるとデザイン選択ができるので好きなデザインを選べることができる。

②デザインを変えないのならそのままでOK

ダイアログボックスから表を作成

ダイアログボックス表

①「挿入」タブを開き、「表の追加」をクリックする。

②「表の挿入」をクリックすると、ボックスが表示される。

ダイアログボックス表2

①「列」「行」を切り替えて、「OK」をクリックすると完了。

表の範囲選択

表を、編集するには表の選択範囲の仕方を知っていたほうがスムーズにできる。

セルの範囲選択方法

表を作成した時、罫線で囲まれた1つの枠を「セル」と呼びます。セルに色をつけたりするとき、セルの範囲を選択します。マウスポインタを左枠の少し中に移動しマウスポインタの形が、セル範囲選択矢印になった時、クリックします。セルの範囲が選択されます。

セル

行・列の範囲選択方法

行を指定する時はマウスポインタを左端に移動し、マウスポインタの形が、ポインタの時、クリックする。複数行が選択されます。ドラッグすると複数行の範囲が選択できます。

複数列・行選択

列を指定する時はマウスポインタを上端に移動し、マウスポインタの形が、ポインタ黒↓の時、クリックする。ドラッグすると複数列の範囲が選択できます。

複数列

表全体の範囲選択方法

表全体を範囲する場合は、表の中にマウスポインタを入れた時。右上に表示される全選択をクリックすると表全体を選択できます。

範囲選択をするとき、表の外にマウスポインタが出てしまうと、全選択が消えてしまいます。もう一度、表の中にマウスポインタを持っていくと再度表れます。

表全体選択

選択範囲を間違えた場合は、選択範囲以外の場所をポイントしてマウスポインタの形がカーソルに変わったことを確認してクリックしてください。

表の編集をしよう

表の線種を2重線にしたり、セルの色を変えるなど基本的な編集方法を覚えよう。

ダイアログボックスでの編集方法

表の範囲選択したときにどの線やセルが変わるのかを、知るためにボックス表示で編集してみます。まずは、表全体を範囲指定します。

表編集全体

表全体編集2

全選択をクリックすると、表全体が範囲指定され、アイコン枠が表示されたら、▼をクリックします。

線種と網掛け

②「線種とページ罫線と網かけの設定」をクリックすると「ダイアログボックスボックス」が表示される。

表スタイル

ボックスの中では、編集がまったくされてないので現在の表のスタイルが表示され、表全体を指定しているので「プレビュー」の見方は、上下左右すべての表を表示している。

線種変え

表1

完了させて、表を見てみると表全体の上の線が消えてるのがわかる。

線を元にもどすときは、上の線をクリックして付けると戻る。

セルの選択範囲も同じく編集してみると「プレビュー」は、セルのみなので指定したセルだけが上の線が外れるということになる。

セルの範囲選択をして実際にやってみよう

1つのセル選択をする

セル指定

表の線スタイル

①上の線をクリックして外す。

②線種を選択する。

③色の選択をする。

④線の太さを選択する。

⑤線の変更が決まったら、①の場所を再度クリックする。

⑥「OK」で完了する。

選択したセルの変更

セル選択範囲、線を変更した部分だけが編集された。

線種を変更するときは、まず選択した範囲がわかれば細かく設定していくことができます。

ボックス

さきほどは、部分的に線を編集したが、一括変更したい場合は「すべて」を指定すると全体の線が変更できる。
外枠の線を変更する場合は種類で「グリッド」を選択。
「囲む」を選択すると外枠の線は残るが、中の線が消えてしまう。
線を一本づつ変更する場合は、種類で「指定」を選択
表を削除したいときは、表全体の範囲を指定し、backspaceキーで削除される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました